中野区うつ回復日記

ホームムービーを撮って、うつ回復を目論む男の日記

語彙力のないオタクはオタクではないのか

岡田斗司夫にハマっている。

 

うつの休職期間中、氏のYoutubeニコニコ動画の無料配信ばかり見ていた。

もちろん、岡田斗司夫という存在は昔から知ってはいた。

かつてダイコン、ゼネプロ、ガイナックスを作ったという、我々80年代生まれの世代からすれば、オタク神話の創造者の1人である。

にもかかわらず、オタキングを名乗りテレビに出て福々しい顔で笑っている姿はじつに軽薄に見えて、私の中では勝手に、ビジネス脳でオタクを材料に使っている山師のような人なのだろうと思っていた。

 

しかしその実態は、すばらしく評論家であった。知的好奇心をくすぐり、新たな地平を見通す、ある種の現代の賢者である。

…なんていうと盲信しているようだが、私が岡田斗司夫氏に今さら心酔するのは、世の中のつまらないインフルエンサーを見ているからだ。

 

早速、本を買ってみた。ずいぶん昔の岡田氏の著書『オタク学入門』を読み進めている。*1

2006年に『オタク・イズ・デッド』宣言をする前の、1996年時点の本書となる。まだまだ冒頭部分だが、感ずることが多い。

 

当時、オタク的なサブカルチャーが市民権を得ていまに至るまでの過渡期だったように思う。

そこで岡田氏は『オタクが文化をリードする』という。

当時のオタクはその価値観の成熟と知的な探究心により、良いものを見分けて愛好することができる。

いっぽうで、グローバリズム的な価値観の多様化を迎えた2000年代の若者のボリュームゾーンは、いったい何を楽しめば良いか見失った。これを追っていれば安心で面白い…というトレンドを失ってしまった。

ゆえに彼らは、オタクの後をついてくるしかないだろうというのである。

 

とくにこの10年、進撃の巨人があり、君の名はがあり、シン・ゴジラがあり、多数の漫画実写化映画が作られ、そして鬼滅の刃がある。

ボカロP出身のミュージシャンが席巻し、アートはもはやサブカルチャーと切り離すことはできない。

オリンピックのために首相がゲームキャラの格好までした。

岡田氏の予想はおおむね実現化したのではないのか。

 

しかし、それがいいことばかりでもない、と私は思う。

いまや当時的な意味のオタクは絶滅危惧種ではないのだろうか。知的好奇心に突き動かされ、探究心から突き詰める、あのオタクたちはどこへ行ったのか。

 

Twitterは毒である。

オタク的なものが溢れ、自称オタクの人間が跳梁跋扈している世界なのだが、そのわりには、あまりにも中身が薄すぎる。

ネタを流して、バズればよし。

気に入ったものがあれば『エモい』『尊い』『(語彙力)』といって表現することを拒絶する。

炎上や論争は絶えないが、その末に、なにか建設的な結論がでた試しはない。

そこには知性も探究心もない。他人にうまいものをあてがわれて『うまい』というだけの人間がグルメと言えるか。美食家と言えるか。

 

オタクとは知性と探究心のある存在だ、とする。

一方、自ら探究せず表現を放棄する人間に知性はない。

そうなると、語彙力のないオタク、というのは矛盾している。

自分が語彙力のないオタクだと告白する人は、すなわちオタクではないと宣言しているようなものである。

 

べつにそういう人を貶める気はない。

大事なのは、そういう人達が結局ボリュームゾーンにいて、経済を支えていて、今のインフルエンサーと呼ばれる人々はそれを食い物にしようと考えているだけに過ぎず、自分たちのアイディアの実験台、ないし燃料資源にくらいにしか思っていないのではないか。

 

オタクたるもの、知的好奇心をくすぐるものを探し続けていたいものだ。

そういう意味で、いまの岡田斗司夫氏のスタンスはさすがの立ち回りと言わざるをえない。

だから目下、もっとも信頼のおける評論家として彼を見てしまうのだ。

 

岡田斗司夫はかれの好奇心の赴くまま、新たな地平を探し、学び、関連づけ、アウトプットし続けている。

そういう人は、人の人生を豊かにできるから。

*1:活字はいい。しばらく、この良さを忘れていた気がする。